活動の財務

社会福祉協議会の財源の特徴

  1. 事業活動の社会性・公共性が高い
    社会福祉協議会の行う事業は行政ではできない民間性を持ったサービスであったり、そのため「委託」という形で事業を受けたりしています。このように社会性・公共性が高い事業活動を行っています。
  2. 運用資金はきわめて公共性の高い資金を利用
    社会福祉協議会は、民間性と公共性が同居している団体であるため、行政からの補助金が導入されています。また、「社会福祉協議会=行政」という思いをもたれている人も多いようですが、社会福祉協議会は「社会福祉法人」であり、位置づけは、民間の組織です。
  3. 法人としての民間財源確保
    会費や共同募金配分金、寄付金(善意銀行)といった住民の皆さんのご協力による民間財源を独自事業費に充当しています。

社会福祉協議会の主な財源

  1. 補助金
  2. 受託料
  3. 会費
  4. 共同募金配分金
  5. 介護保険収入